22c04d72

828: 47の素敵な(東京都)@\(^o^)/ (ワッチョイW 9b-65XUPq) 2015/08/03(月) 21:09:55.68 ID:IlgPOlST0.net
https://www.youtube.com/watch?v=zlq4Ev8aYx4



831: 47の素敵な(帝都地下水路)@\(^o^)/ (ガラプー) 2015/08/03(月) 21:29:30.01 ID:60D6Ai2FK.net
>>828
明日までもちませんわ(泣)

832: 47の素敵な(茸)@\(^o^)/ (スプー Sd-TfXB1w) 2015/08/03(月) 21:42:41.90 ID:NSC4o1ksd.net
>>828
やばい泣ける
どのりっちゃんもキラキラしてて可愛すぎる

歌って踊るりっちゃんが見れなくなるのは寂しいけど、
しっかり第二章応援してあげなくちゃね
舞台発表のときのたかみなw

834: 47の素敵な(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロ Sp-bdWi2t) 2015/08/03(月) 21:46:19.63 ID:Ujm/Foiap.net
>>828
ありがとう
泣いた

837: 47の素敵な(pc?)@\(^o^)/ 2015/08/03(月) 21:51:46.96 ID:26iBurNi0.net
>>828
最後昨日泣くのガマンしたとこだ

838: 47の素敵な(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8d-Kwpw/7) 2015/08/03(月) 22:00:46.55 ID:lX9jCeUb0.net
俺、めっちゃ泣きながら聞いてたわ。
直筆の手紙画像とかアップしてくれんかな

【全文】AKB川栄李奈、感謝の手紙で涙「本当にありがとう」
http://www.oricon.co.jp/news/2056999/full/

AKB48の川栄李奈が2日、さいたまスーパーアリーナで行われた卒業コンサートで、涙ながらに手紙を読み上げ、1万8000人の観客に感謝の思いを告げた。川栄の手紙全文は以下のとおり。


きょうはファンの皆さんに手紙を書いてきました。普段はあまり素直な気持ちを言えないので、言わせてください。約5年間、こんな私を支えてくださったファンの皆さん、応援してくださった方々、本当にありがとうございました。

AKB48に入る前の私は、何の夢も持たず、ただ毎日同じような日々を過ごしていました。あるとき友達に誘われて、AKBのオーディションを受けました。受かるわけがないと思っていたのに、11期生として合格しました。

ダンスも歌も苦手で、公演に出れば一人踊れず真ん中でずっと突っ立っていました。当時の私は、やりたくないからやらない、できない、もう無理とすぐに投げ出していました。でもそんな私にも、応援してるから頑張ってねと温かい声をかけてくれるファンの皆さんがいました。

そのうち私には、選抜メンバーに入るという大きな夢ができました。握手会で選抜メンバーに入りたいと言ったら、おととしの総選挙で25位という選抜(上位 16位以内)に限りなく近い場所に連れて行ってくれました。そして去年の総選挙では皆さんにたくさんご心配をおかけしましたが、16位という素敵な順位を いただいて、応援してくださった皆さんが私の夢をかなえてくださいました。

そんな中で、自分の次の夢はなんだろうと考えた時、私が今一番やりたいことは、お芝居をすることだと思いました。これから先、何が起こるかわからないから、私はやりたいときにやりたいことをやろうと思いました。

応援してくださる方がいるから、私は頑張れます。いつかテレビや舞台でたくさん活躍する姿を皆さんに見せることが、私なりの恩返しだと思っています。決して簡単なことではないけど、日々努力して頑張ります。なので、これからも応援よろしくお願いします。5年間本当にありがとうございました。

AKB48グループ新聞編集部
一般公開で共有しました  -  15:54
 

こんにちは!記者O友です。

昨日、おとといと、さいたまスーパーアリーナ公演を取材して参りました。
早速、8月号の執筆に取りかかったのですが…。

高橋朱里さんから川栄李奈さんへの手紙を書き起こしていたら…思わずブワッと来てしまいました(涙)。
コンサートに行けなかった方も多かったと思いますので、ここで全文を紹介したいと思います。


川栄さんにお手紙を書くのが、これで2度目です。1度目は川栄さんが19歳の誕生日を迎えたときの生誕祭で書かせてもらいました。当時は、私が次にお手紙 を書くのは、川栄さんが何歳になったときの生誕祭にしようかと考えていたので、2度目のお手紙を卒業コンサートという形で書くことになるとは、全く想像し ていなかったことです。

川栄さんが具体的に、いつ卒業発表するかを私に言ってきてくれた時に、恐れていた時が来ちゃったなと、思わず泣いてしまいました。けれど、それと同時にホッとした自分もいました。辛いときこそ笑顔を絶やさないところ、出会った4年前からずっとだからね。

そんな川栄さんが、AKB48として出来ることが限られてきてから、「自分がAKB48にいたいか、いたくないか」ではなく、「こんな自分は必要なのか?  必要ないんじゃないか?」と気にして、何も悪くない自分をずっと責めてたよね。人はそこまで強くないはずなのに、笑顔の裏側で毎日毎日ずっと心身共に痛 みと戦い続けていることを知っていたから、やっと無理をしないでよくなるんだって、そう思いました。だけど、やっぱりすごく寂しいです。

川栄さんと出会って、4年がたちます。この4年間、私が支えられていたのは、川栄さんの変わらない安心感でした。不安と戦いながら、夢に向かって過ごして いく日々では、変わらないことの難しさを感じます。環境が変わるから、考えや思いも変わるし、自分の中で変わらないといけないことだって増えていきます。 そんな中で私の側には、ずっとずっといい意味で変わらない川栄さんがいてくれました。飾らなくて、たまにおバカで、明るくて、愛があって、器が大きくて、 弱音をはかない影の努力家で。そのずっと変わらない姿を見ていると、私は、自分にとって大切なもの、肩書とか立場とかではなく、人としての温かさが1番人 の心を動かせるということを、忘れないでいられました。

これからはAKB48という同じステージに、川栄さんはいなくなってしまいますけど、その川栄さんの姿を胸に、私は後輩に背中で見せられるタイプではない けど、上手に教えていけるタイプでもないけれど、川栄さんが私にしてくれたように、心に寄り添って、安心させてあげられるような人になりたいと思います。

大切なことをたくさん教えてくれて、くだらない遊びにノリノリで、一緒に笑ってくれて、支えてくれて、本当にありがとうございました。これからもご飯に 行ったり、映画を見たり、買い物したり、長電話したりしようね。この先も川栄さんの後輩であり、何があってもずっと味方だからね。本当にお疲れさまでし た。

AKB48次期総監督・横山由依、
卒業の川栄李奈に本音&激励<メッセージ全文>
http://mdpr.jp/news/detail/1508530

2日、さいたまスーパーアリーナにて「AKB48真夏の単独コンサート in さいたまスーパーアリーナ~川栄さんのことが好きでした~」の最終公演を開催。次期総監督の横山由依が、グループを卒業した川栄李奈へメッセージを送った。

アンコールで川栄のセンター楽曲「ハステとワステ」を披露し、卒業後初仕事となる初主演舞台「AZUMI 幕末編」の上演決定が発表されたのち、次の曲へ入ろうとすると川栄は「その前に、横山さんに…」と切り出した。

横山と向かい合い「私が選抜メンバーに入れてもらうようになって、私すごく人見知りで先輩とも喋れなくて、ずっとひとりでいることが多くて…。そんな中、横 山さんは気を遣って私に話しかけて来てくれて、一緒にご飯に行ったり一緒に遊んでくれたり、横山さんって最初は怖いなって思ってたんですけど、いつの間に か大好きな先輩になっていて。本当に、私は横山さんを尊敬しています。最近は、次期総監督と言われていて悩んでいる部分もあると思うんですけど、私たちに は言ってくれない。私はAKB48を卒業しますけど、ずっと横山さんの友達なので、ちゃんと頼ってください」と涙ながらにしっかり伝えた。

しかし横山は「(川栄が)今日キラキラしてるから…」と泣きながらも、「…でも曲やりたい、一緒に早く。一緒に歌って踊るのって、もうないから。一緒にやり たい」と川栄への返事をあっさり避け、マイペースに応えてファンやメンバーを笑わせた。その後「僕は頑張る」を披露したのち、横山が手紙を読み上げた。以下、メッセージ全文。

◆「今の私がいるのは川栄のおかげ」

川栄へ。「AKBを卒業して女優の道に進みたい」…そう話してくれたのは、去年の暮れ頃だったね。その時、私は一回も止めなかったし、「川栄の夢を応援するから」っていつも言ってたよね。本当の気持ちを言ってしまう と、川栄の決心が揺らいでしまうと思って、今まで言えなかったことがあります。

本当は、すごく寂しいです。こんなこと言ったらダメだって思うけど、本当は川栄ともっと一緒にいたいです。でも、お芝居の本を買って勉強したり、TSUTAYAで映画をいっぱい借りて、その映画について熱く語る横顔を見て、背中を押してあげようと決心しました。

最 初に仲良くなった頃を覚えてますか?篠田チームAで一緒になったよね。ちょうどその頃、私はこれから先輩としてどうしていったらいいのか悩んでいました。 そんな時、人見知りでなかなか周りに馴染めずにいた川栄を見て、「昔の自分に似てるなぁ」って、「この子を支えてあげたいなぁ」って思って、よく声を掛け るようになりました。

親しくなって、相談に乗ったりするようになった頃、スタッフさんにこう言われたのを覚えています。「川栄の面倒を見 るようになって、横山が成長したね」って。自分が支えてるつもりだったけど、本当は私が支えられていて、逆に川栄が私を成長させていってくれたことに気づ きました。チームのキャプテンに任命されたり、次期総監督に指名されたのは、すべてそれからのことです。今の私がいるのは、間違いなく川栄のおかげです。

つ いこの間「ちょっと落ち込んでる」って言って、川栄を呼び出して、昼からカフェに行ったり映画を観たりして、その後六本木から渋谷までずっと歩いて、その 後渋谷の駅前の歩道橋の上で、40分くらい2人でボーっとしてたよね。あの時、その場では言わなかったけど、2人で思い出話をしてたら、急に川栄が卒業す るってことがリアルに感じて、怖くなって、だから何もすることなかったのに「帰ろうか」って言えなかったんだよね。

そして、この数日ずっとモヤモヤしていた原因が川栄の卒業にあったことに気づいて、こんなに自分の心の中に、川栄がいたことに改めてビックリしました。正直、川栄が卒業してか らの自分が想像できません。いつもにこにこ笑ってるけど、周りにいっつも気を遣って、人を優先しちゃう川栄。自分に厳しくて人に優しいから、AKBを出て からそこがすごく心配です。

でも、誰よりも頑張り屋さんだってことを、私は知ってます。だから、これからどんなことがあってもきっと川栄 なら乗り越えられると思う。だけど、もし「辛いなぁ」って思ったら、遠慮しないで私たちを頼ってください。ここにいるメンバー全員、そして、たくさんの ファンの皆さんが川栄の味方だからね。何かあったらいつでも飛んで行くし、どんなに離れていても、全力で川栄を応援するからね。

最後に、私と出会ってくれて、ありがとう。横山由依。(modelpress編集部)

 

3a70d8cb

efd29e0a

8b3948a2
0793b218

cf8e296a
6ab185ac

22c04d72



Twitterボタン
Twitterブログパーツ